知っておきたい葬儀の花

見えているだけで気分が華やかになりリフレッシュさせてくれる効果がある花は、お祝いごとのイメージが強いものですが、お通夜や葬儀でもなくてはならないものとなります。通夜や葬儀に飾ったりお供えしたりする花は総称して供花と呼ばれます。祭壇に飾る花だけでなく、枕花、供花、花輪、献花などさまざまな種類があります。枕花は故人の枕元に飾る花のことで通夜を行う前から飾るのが一般的です。供花は故人の供養のためにお供えするもので、果物やお菓子、お酒などの他の供物とともに祭壇に供えるものです。通夜式を斎場などで行う場合は、通夜に間に合うよう早めに注文しておくことが必要となります。

地域の慣習によって違いはありますが、葬儀場の周辺や自宅周辺に花輪を飾ることも少なくありません。社葬などでは著名人の名前が書かれた花輪がずらりと並ぶことで知られています。こちらは生花ではなく業者が作成する造花、飾りです。斎場のなかに祭壇の供花とは別に祭壇の両脇や斎場の入口にスタンド式の生花を飾ることもあります。

地域によっては葬儀終了後、結婚式と同じようにこの供花を持ち帰ることもあります。また、最近ではキリスト教式の葬儀のように、焼香の代わりに会葬者が花を祭壇に捧げる献花も増えています。お別れの会、偲ぶ会などでよくみられるパターンです。さまざまな種類や用途によって花が必要となることを覚えておきましょう。