葬儀内容の打合せ

家族が亡くなった際には悲しみにゆっくりと浸る暇もなくバタバタと時間が過ぎて行きます。通夜、葬儀・告別式と時間をおかずに準備を進めなければならないため決めなくてはならないことが数多くあります。まず始めに行わなければならないのが通夜や葬儀・告別式の全てを取り仕切ってもらう葬祭会社の選定です。祭壇の飾りつけから会場の選定、料理や返礼品など、数や価格を決めなくてはならないものが盛りだくさんです。

葬祭会社を決めたら短い時間で多くのことを決定しなくてはなりません。まず、檀家となっている菩提寺があれば連絡をします。葬儀の日程や場所とともに通夜や葬儀で読経してくれる僧侶も依頼しなくてはなりません。連絡先がわかっていれば全て葬祭会社が代行してくれるサービスもあります。

斎場をもっている業者がほとんどなので、希望する規模の斎場や火葬場の空き状況なども確認します。バタバタとしたなかですが、特に斎場の規模や場所、交通アクセスや駐車場の状況などは、会葬者に失礼がないように準備することが大切です。祭壇の飾りつけやお棺、料理などはグレード別に分かれていることが多く、3段階あれば中程度を選ぶ方が多いようです。グレードによって何が異なるのか、料金に含まれていないオプション費用はどれくらいかかるのかなどを見積もりによって明確にしてもらうことも大切です。