葬儀の前に行うこと 臓器提供・献体

亡くなったあと自宅や葬儀場などでお通夜をすることから始まるのが一般的です。しかし、最近では死に対する考え方もさまざまで、故人の意思によって自分の体や臓器を医療のために役立てて欲しいと希望する場合もあります。故人が臓器提供の意思を示すドナーカードを所持しており、臓器提供の意思や提供したい臓器を選択している場合はそれを尊重してあげるべきでしょう。ドナーカードは臓器1つ1つに対して提供の意思の有無が示されているものですが、家族が拒否した場合は提供することができません。家族が承諾している場合は、臨終後にすぐに医師に知らせ登録機関に連絡をしコーディネーターと処理を進めていくことになります。

故人が生前に医学教育や研究に寄与することを目的として献体を希望されることもあります。葬儀を終えた遺体は火葬せずに病院に運ばれ解剖学の授業や研究などに活用されることになります。献体は事前登録制となっており、故人の意思と2親等までの家族の同意があれば登録が可能です。

本格的な高齢化社会のなかで身寄りがない、子どもに迷惑をかけたくないとする高齢者が献体を希望するケースが年々増加しており、現在では多くの病院が献体登録を休止している状況にあります。献体後希望すれば納骨までしてくれるため、墓や納骨堂の区画を購入しなくても済むという事情が献体希望が増加する大きな理由となっているのでしょう。